Creating Gallery

CATEGORIE

Gallery

DATE

Dec 1, 2021

Creating Gallery

工房の隣には古い平屋があります。 今まで自分たちで少しずつ手を入れながら、倉庫や事務所として使っていました。 しかし、水まわりや、天井を抜いたりすることはハードルが高く、ARTONの山口君に依頼して本格的に改装をすることにしました。

ARTONは、夫婦でコレクションしたさまざまな国の輸入雑貨やアンティーク品が飾ってあり、お店に入った瞬間、タイムトリップして、どこかに迷い込んだような、ナチュラルで、温かみのある空間が広がっています。そんな空間の中で、ハーブとスパイスで旬の野菜がたっぷりのエスニック料理が中心のメニューが楽しめます。

聞けば、料理人のナホちゃんのリクエストで、「スパイスの魔女」をテーマに夫の山口君が大工仕事から左官仕事、装飾までひとりで行ったとのこと。

中学の後輩ということもあり、気軽にONE KILNのギャラリー改装をお願いしました。(後輩なのでここからは山口と呼ばせてもらいます)

今年の9月から改装は始まり、所々、うちのスタッフ達も助手に入りながら、コツコツと仕上げていきました。Instagramのストーリーハイライト「Creating Gallery」にまとめてあるので、興味がある方はご覧下さい。

山口 「城戸さん、ここはどうしますか?」 僕 「こうがいいかな〜 でもこっちもいいな〜 どう思う?」 山口 「どっちでもいけますね〜」 僕 「でも、やっぱりこうかな!?」 山口 「オッケーです、オッケーです。」

こんな会話を繰り返し、現場で、ひとつひとつアイディアを出し合いました。

あんなに独自の世界感を作った本人だから、こだわりの強いやつなんだろうと思っていましたが、いつもニュートラルで、人の意見を否定しない、心穏やかな山口。 淡々と仕事をこなして帰り、次の日もナホちゃんのチャイを水筒に入れて、時間通りに現れます。

聞けば、夫婦喧嘩もしないし、子供にも怒ったことがないそう。 「どん引きすることはあります。この間も〜」 と作業の合間には、楽しそうに家族のエピソードを語ってくれます。

自我を通すために、怒ったり、相手の考えを変えようとしたりすることって、意味がないな。計測、木材加工、ビス留めを繰り返しながら、僕の邪念はすっかり消え、サウナ後のように整いました。

ものづくりをしていて、他人の評価が気にならないといえば嘘になるかもしれません。 でも、彼を見ていると、本当に気にしていないんじゃないか!?と思ってしまいます。インスタのアカウントも作ったのに、更新も全然しないんです笑

作る行為そのことが楽しくて、作ってしまうと、もう次に作ること考えている。 でも、少しずつできていく空間に、歓喜の声をあげるスタッフ達をみると、彼も嬉しそうにしている。

目の前にあることを一生懸命に。 でもそこに執着しない。 人生を自分らしく過ごすって、こういうことなんじゃないだろうか?

この3ヶ月で山口からは、気持ちの良い場所だけでなく、大切な気づきをもらいました。ありがとう!

新しくできたたこの場所で、目に前にあることを思う存分楽しみながら、自分たちが心が踊ることを紹介していければと思います。

LATEST JOURNAL

Your cart is empty

Biscuit oat cake wafer icing ice cream tiramisu pudding cupcake.

このサイトはユーザー体験向上のため、Cookieを使用しております。プライバシーポリシーにご同意いただける方はクリックをお願いします。